昔と今のセフレ掲示板について紹介

現在では、インターネットにセフレサイトでセフレが作れる情報サイトも数多く存在するようになってきました。

ここでは、セフレ掲示板の過去と現実についてお話したいと思います。

過去のセフレ掲示板は、基本的に無料で会員登録できるところが多く、運営自体も健全なところがほとんどでしたので、多くのカップルが誕生していったようです。

今は有料サイトも多くなってきていますが、今と昔とで変わっていない点といえば、携帯電話を主流としているところと言えるのではないでしょうか。

今や常に万人の手元にあるこのツールは、セフレ掲示板側にとって必要不可欠な存在となっているのでしょう。

昔はそれほど危険性も潜んでいなかったセフレ掲示板ですが、現在のセフレ掲示板には注意しなければならない危険性が多く潜んでいるものです。

第一にセフレ掲示板には、悪質サイトが多くなってきている現状があります。

そのために、被害者も年々増え続けてきている傾向にあるようです。

また、サクラの存在も頻繁になってきているようですが、その手口も巧妙になってきているようです。

サクラの中には、芸能関係者だと偽り騙すこともあるようで、うっかりと芸能関係ということで話に乗ってしまい痛い目にあってしまうケースもあるようです。

ワンクリック詐欺という巧妙な手口もあり、ついクリックしたがために本人の意思とは無関係に登録されて、後から多額の請求がくるという悪質なものもあります。

この場合は、完全に無視すれば特に問題はないようです。

ただ、サクラの見極めだけは、なかなかに難しいものがありますので要注意でしょう。

サクラはポイント制のセフレ掲示板に多く出没するようで、いかに利用者に多くのポイントを消費させ追加購入させるかが目的です。

そのためにサイト側に雇われているのです。

ですから、自分の相手がサクラのような感じがしたら即刻メール交換を中止するのが得策でしょう。

セフレ掲示板では自己防衛が基本だと考えておいて下さいね。

セフレ掲示板を利用する年齢層とは?

インターネットのセフレ掲示板を利用している層とは、どのようなものなのか気になる人も多いと思います。

セフレ掲示板にも、無料のセフレ掲示板から有料のセフレ掲示板まで様々ありますが、やはり利用者層で最も厚いのは10代〜20代のようですね。

最近では、婚活ブームということもあり30代の利用者も増加してきているようですが、若年層の利用が多いのは確かなようです。

次に、セフレ掲示板は登録が絶対条件となっておりますが、何故そこまで必要なのか疑問視したことはないでしょうか。

特に、男性と女性の場合はサイトの登録時における扱いも違いますよね。

女性は無料のところが多いのに比べて、男性の場合は有料というところも結構あると思います。

これは、女性がセフレ掲示板での被害に遭わないように、安心してサービスを受けられることを考えて設けられているようです。

中には女性でも有料のセフレ掲示板もあるようですが、一般的には男性のみ有料のシステムをとっているところが多いのではないでしょうか。

男性側からすると、入会時にも料金がかかり、メール交換でさえも追加料金がかかることもあるのですから、女性と同じく無料にして欲しいと思っている男性はそれは山ほどいるのではないかと思います。

特にポイント制の場合は、メールの送受信でポイント消費されるのですから、メールをすればするほど料金もかさんでくるということになるでしょう。

しかし、セフレ掲示板側とすれば、女性の立場や思考を重視して構成されているケースが多いので、このようなシステムになっていると考えられます。

女性は男性と違い、即出会うという思考は持ち合わせていないものです。

相手を慎重に細かな点まで見極めようとする傾向にあります。

ですから、サイト側も女性が安心して選択できる環境を整えているという観点で、このようなシステムを行っているのではなかと思います。